自由奔放な生活

オッズ☆リーダーで勝ち組になる競馬、独自で開発した自動売買のシステムの経過と結果など記事を上げていきたいと思います

「場所とカタチとちょと時間と」は株にも使えて?

   

為替のトレードをするときにいつも考えている「場所とカタチとちょと時間と」について、株価チャートにも当てはまるのか考えてみたいと思います。

 

サンプルは前回ブログに映り込んでいた日経225採用銘柄の3407旭化成のチャートです。

 

まずは月足チャートから…

 

 

オレンジ色の押し安値ライン、つまり”場所”に注目しながら下位の週足チャートを見ます。

 

 

2015年前半からの下降波が月足の押し安値に2回タッチ。サポートされるべき”場所”で、サポートされた感が出ています…”カタチ”で言えばダブルボトムです。

 

これで場所とカタチが揃ったので、よくブログやtwitterに書いているように、早ければ2の近く、そうでなければネックラインや戻り高値で反発したり、抜き返しにきたところがエントリのポイントになります。

 

”ちょと時間”に関しては、『5月に売って(sell in May)、9月のセントレジャー・デーが終わるころ相場に戻っておいで』の格言通り、仕掛けのキャンドルが株価の上がりやすい第4四半期にあたっているので良いタイミングと言えるでしょう:)

 

為替の場合は、監視する通貨ペア数が知れているので場所とカタチが揃うのを”待つ”のが仕事になりますけど、株の場合、トレードしやすい銘柄を”探す”のが最初の重要な仕事になると思ってます。

 

fxトレーダーはマルチ・タイムフレームでチャートを見る訓練がされている点で、アドバンテージになると思うんですケド。

 

さて、月足チャートで見てN計算値を達成した旭化成はこの後どうなるのでしょうか…

 

では、すてきな日曜日を☆彡

fa

 

 

Source: fanactal

応援クリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



私もxmで取引しています。『3000円の勝負金もらえます!3000円×888倍=約270万円分の通貨の取引が可能!しかも無料で!』
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 - FX