自由奔放な生活

オッズ☆リーダーで勝ち組になる競馬、独自で開発した自動売買のシステムの経過と結果など記事を上げていきたいと思います

エッグチキン

   

何年か前、経済番組の質問コーナーに投稿したことがあって、まんまと取り上げてもらったんですケド…

 

「株とドル円はどっちが主で、どっちが従なのか?」

 

証券会社の方が答えてくださったのですが、結論としては分からないと。

 

ただ面白かったのは、「株主体の自分たちが、円安のおかげで株高になったと解説してるウラで、為替の担当者は、株高のおかげで円安になったと説明してしていた」というエピソードです。

 

まさに、エッグチキン【タマゴとニワトリ】ですよね:)

 

世の中には為替、商品、株式などいろいろなマーケットがあって、それぞれが互いに影響を及ぼし合ってるらしいんケド、わたし的には何がどうなったらどうなるのかとか、残念ながらあまり理解できていません。

 

ただ、それでもそれなりにトレードは出来ると思っているので、今は相関のラビリンスに深入りする気もないんですケド、今日はそのへんの事情を考えてみたいと思います:)

 

わたしは、同時に複数のトレード対象のチャートを監視するトレーダーですが、それぞれ独立したものとして捉えるようにしています…例えば、とても相関性の強い、ドル円と日本株やドル円とユーロ円、また逆相関の強いドル円とユーロドルに関しても同じです。

 

理由はシンプルで、例えば、ユーロ円がショートのエントリをするパターンになった場合、ドル円が同じように下げるカタチになっていなかったとしても、エントリを見送ることはないからです。

 

というのは、自分は各通貨ペアや銘柄のチャート・パターンで需給の変化を予測してトレードしているからで、例えば、ブログ『ダブルの圧力』で書いたような売買ポイントでは、他のチャートの動きはかえって気にしない方がいいと考えています。

 

わたしの場合、迷ってエントリできなくなっちゃうだけなんで…

 

チャート・パターンとオシレータの売買サイン(例えばRSIのレベル30など)が一致しないとき、必ずチャート・パターンを優先するのでオシレータを使う必要がないのと同じ理由です。

 

なので、複数のチャートは同時に見ても、基本的には別モノと。

 

ちなみに、いきなり矛盾したことを言うようですが、ドル円も日経も一緒に上に行きそうなときとかは、うきうきします←占いかよ

 

ただ、だからと言って、片方の事情だけで両方同時にエントリすることはないです…相関が強くても、必ずいつも一緒に動くわけではないので。

 

それは、親方日経平均と個別株の関係も同じだと思っています。一緒に上がらなかったくせに、押し目のときだけ一緒に下がりやがって!みたいことが起きるのは多分こういうときです。

 

最後に余談ですが、わたしが為替を見始めた頃、ユーロとポンドの相関はきわめて高かったんですケド、Brexit以降はそうでもなくなって、ちょと戸惑ったのを覚えています。

 

なので、判断材料は少ない方が、自分には合っているのカナと。

 

あまりお役に立てる記事という気がしませんけど、何かの参考になればハッピーです!

fa

 

 

Source: fanactal

応援クリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



私もxmで取引しています。『3000円の勝負金もらえます!3000円×888倍=約270万円分の通貨の取引が可能!しかも無料で!』
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 - FX