自由奔放な生活

オッズ☆リーダーで勝ち組になる競馬、独自で開発した自動売買のシステムの経過と結果など記事を上げていきたいと思います

トレード画面

   

今日はトレード環境3部作の2回目…『トレード画面』です。

 

わたしはモニタを3つ使っているのですが、全画面スクショすると下のようになります。

 

 

モニタ1つに対してMT4を1つ起動している感じで、9x3の27チャートを表示しています。

 

 

一番右のCは、4時間足以上をチェックする用です。

 

上段ほどよくトレードする通貨ペアで、ユロル系、ポンド系、オセアニア系の順になります。

 

 

左のAとBは、スキャルピング用のチャートです。

 

C画面のユロル系、ポンド系を表示していることが多いです。

横が時間軸合わせ、縦が通貨ペア合わせのよくある配置です。

 

 

縦に見ます…

 

 

上から、1時間のキャンドルをオーバーラップさせた5分足。

4時間と重ねた15分足。

日足と重ねた1時間足になります。

 

わたしのように、始値というか、キャンドルの実体を意識するトレーダーには、MTF(マルチ・タイム・フレーム)のキャンドルは大変重宝します。

インジケーターはHTさんの、HT_Higher_Candle_V1.02です。

 

時間軸としては…

 

5分足 → 15分足 → 1時間足 → 4時間足

 

短い方から計算して、3~4倍づつ拡大していく感じが心地よいです:)

 

また、5分足と15分足、15分足と1時間足のように、各時間足トレーダーのエントリ・タイミングの一致を把握しやすいことも、この並び順にしている理由です。

 

余談ですが、4Kの解像度だと、1時間足で1週間分がひとつのチャートに収まるので気に入ってます。

 

この縦ラインの3つのチャートは、フリーのインジケーターで水平線がシンクロするようにしています。

こちらもHTさん作製のもので、HT_Line_Sync_V1.10というインジケーターになります。

 

こんなにたくさんのチャートを表示させておく必要はないのですが、疲れると集中力が早く落ちるので、自分なりに快適と思える構成にしておくことが大切だと思ってます…

 

 

最後に、発注にはGMOクリック証券の”はっちゅう君FXplus”を使っています。

スピード注文というポップアップ・ウィンドウが出るので、C画面の邪魔にならないところにおいてます。

 

トレード画面については以上です…

 

8月になりました。

今月も、フォースのともにあらんことをです☆

fa

 

P.S.  次回は『PCスペック』です。

 

Source: fanactal

応援クリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



私もxmで取引しています。『3000円の勝負金もらえます!3000円×888倍=約270万円分の通貨の取引が可能!しかも無料で!』
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

SMギャルコレクション!黒ギャル・白ギャルとのSM出会いSNS

 - FX