自由奔放な生活

オッズ☆リーダーで勝ち組になる競馬、独自で開発した自動売買のシステムの経過と結果など記事を上げていきたいと思います

ロスカト・ラインの動かし方

   

前回ブログでロスカットの話をしたので、今日はロスカット・ラインの動かし方について書きます。

 

どこでロスカットをするのかはエントリする前に決めるんですけど、キャンドルの終値で判断する裁量トレーダーのわたし的には注文してすぐロスカット注文を入れることが出来ません…いわゆる、ヒゲで刈られるのを回避するスタイルです。

 

例えば、下のユーロドル15分足チャートで見てみると、みずいろ矢印のあたりでショートしたとすれば、きいろラインあたりにロスカットを入れたりすると思います。

 

 

でも、きいろラインにすぐロスカットを入れないならどうしてるのかと言いますと、まずエントリしたとき25p上に決済同時発注の逆指値が入るようにしています…レート急変時の保険です。

 

そのあとは、値動きを見ながらじゅんじゅんにロスカット・ラインを引き下げて行くんですけど、よくやるパターンは、予め決めていたロスカット・ラインがどうのと言うより、1分足レベルの戻り高値の上、次は5分足レベル、そして15分足レベルと段階的に引き下げて行きます。

 

5分足レベルに下げるときは、ロスカット・ラインではなく利益確定ラインになってますけど…

逆指値を細かく動かすと目減りは少なくなりますが、フェイクからの急進は取れなくなるので、どれくらいがいいとは一概に言えません。

 

ただ、決済同時発注は入れるべきだと思ってます。

 

fa

 

P.S. でも下げるんだったら上げるなよ!ってことよくありますよね:)

Source: fanactal

応援クリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



私もxmで取引しています。『3000円の勝負金もらえます!3000円×888倍=約270万円分の通貨の取引が可能!しかも無料で!』
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 - FX