自由奔放な生活

オッズ☆リーダーで勝ち組になる競馬、独自で開発した自動売買のシステムの経過と結果など記事を上げていきたいと思います

明日からの動向!!どうなる??トランプ政策!ボチボチ稼いでいきましょかーーー

   

今週から11月がスタートし欧州は冬時間がスタート、来週から米国が冬時間に入ります。

また今週は月末・月初に当たり重要な金融政策の発表や経済指標の発表が多く控えており、

その結果による相場変動が高まることは間違いありません。

 

先週は米下院が共和党上院の予算決議案を可決、米GDPも予想外に強く、FOMCの継続的な利上げ期待もあり、

米金利は上昇しドル買いが続きました。

米10年債利回りは一時2.5%に迫る水準まで上昇し、米2年債も一時1.63%まで上昇、

2008年以来となる高水準で推移し、加えて米株の上昇傾向も続いています。

一方、カタルーニャ自治州の問題でユーロは弱く、利上げ期待の後退やブレグジットリスクも消えずポンドは弱く、

追加利上げ観測が後退し原油高でもカナダドルは弱く、

NZ政局の不安や中銀へ政策緩和圧力を危惧してNZドルは弱く、

主要通貨はそれぞれでマイナス要因をかけており、ドル高の要因となっています。

今週は月末・月初に当たり重要な金融政策の発表や経済指標の発表が多く控えており、

それに加えて、先週・週末からの北朝鮮リスク、カタルーニャ問題、次期FRB議長の人選問題など不透明要因が多く、

その結果により金利と株価が変動し、同時に為替相場の変動が伴うことが多くなりそうです。

【金融政策】
金融政策では、BOE(11/2)、FOMC(11/1)を注目。BOEの金融政策委員会では、

政策金利0.25%→0.5%への引き上げと資産買い入れ枠は4350億ポンドで据え置きが予想していますが、

利上げはほぼ確実視されており、相場に織り込み済みと考えていますがどうなるか??

GBPUSDが動くことで、EURGBPとGBPJPYが変動し、EURUSDやUSDJPY相場へも影響を受けることになりそうです。

同時発表のBOE議事録とBOE四半期インフレ報告も相場変動要因であることに変わりありません。

私も今現在、ユードル、ポンド円を保持中なのでスイング的に利確を狙いでみています。

FOMCは最も市場へのインパクトが強いのですが、今回は記者会見の予定もなく「バランスシートの縮小」の実施とその影響、

既成事実化かされている12月の0.25%の追加利上げと、

不透明な来年の利上げ回数を読み取ることができるのでしょうか?

いつもながら直後の相場変動は高いものがあります。

【経済指標】
経済指標では、米雇用統計(11/3)が主役で予想数字は、

失業率は4.2%で変わらず、非農業部門雇用者数は前回-3.3万人→+31.0万人へ増加を予想、

平均時給の前年比は前回2.9%→2.7%へ低下を予想と、それぞれの数字で相場が変動する可能性が高く、

直後の相場変動を読み取ることは難しくなりそうです。リスクをおってむやみにポジをとる必要はないと思います。

【北朝鮮リスク】

北朝鮮リスクでは、北朝鮮の国営メディアは、核・ミサイル開発について「すでに最終完成のための目標達成がすべて成し遂げられた段階にある」と主張。

トランプ米大統領の日本、中国、韓国訪問のタイミング前の発表に、市場では米朝間の緊張が一段と高まる可能性と、

開発が終了したことで新たな実験が終了するのではとの期待感もありますが、

リスク回避の動きに円相場も影響を受ける可能性が強いと思われます。

【カタルーニャの独立宣言と自治権停止措置】

カタルーニャ州議会が独立を採択したことで、中央政府は自治権停止を実行し、

州首相や幹部を解任し州警察直接指揮科に置く措置を決定し、

12月21日に州議会選挙を実施へ。スペイン株は続落、安全資産の国債が買われ、

EUR売りへと動きリスク回避へと動き7月後半の水準まで下落し、

今後の情勢次第を見守る動きへ。ユーロ相場にとって擦り傷程度で終わるのか、

それとも、かつて経験したことのないこれ以上深刻な状況に予測不明なこともあり、

引き続きリスク回避のユーロ売りに戻りは限定的と思われます。

【次期FRB議長の人選】

いつもながら、トランプ大統領が考えていることを読み取ることは難しいのですが、

今週発表が予定されている次期FRB議長にパウエルFRB理事が最有力とWSJ紙は報じています。

パウエルFRB理事はイエレン現議長の政策を変えると思われ、

米金利緩やかな上昇期待=ドル売りの材料に使われやすくなります。

逆に、テーラー氏が選出されると、金融引き締めの加速との思惑にドル買いへ動くことが予想できます。

 

USDJPY

USDJPYは、衆議院選で与党大勝=株価上昇=円安相場の期待感が盛り上がり114円台半ばまで上昇しましたが、

先週も終値ベースでは114円台を維持することはできず、結局は円売り相場も限定的で、

底値を徐々に切り上げながらも、元の大枠113~114円の範囲へと逆戻りしています。

今週はトランプ大統領の訪日を前にし、北朝鮮の挑発的な行動が目立ち、

次期FRB議長の人選とFOMC、米雇用統計と不透明要因が残っていることで、

極端な円高は考えにくい反面、リスク回避の動きに円ショートを維持することも難しいと思います。

雇用統計が終えてからの動きに注目したいと思います。

 

【重要なイベント】

10/29  欧州は夏時間から冬時間に移行(指標の発表が1時間遅くなります)
10/30 -----
10/31 -----
11/1  -----
11/2  -----
11/3  東京市場休場(文化の日)、アップル「iPhoneX」発売
11/5  米国市場は冬時間へ移行、トランプ大統領来日(5~7日)

------------------

【要人発言】

10/30 -----
10/31 ポロズカ・ウイルキンスカナダ中銀総裁&副総裁
11/1  カンリフBOE副総裁
11/2  ダドリーNY連銀総、パウエルFRB理事、
11/3  -----

------------------

【主要な経済指標】

10/30 米個人所得・個人消費支出、独CPI
10/31 ユーロ圏GDP、ユーロ圏CPI、カナダGDP、米消費者信頼感指数
11/1  NZ雇用統計、米ADP雇用統計、米ISM製造業景気指数、米建設支出
11/2  独雇用統計、米非農業門労働生産性・単位労働コスト
11/3  豪小売売上高、米雇用統計、米貿易収支、カナダ雇用統計、カナダ貿易終始、米ISM非製造業景気指数、米製造業新規受注、米耐久財受注

------------------

【金融政策】

10/30 日銀(金融政策決定会合)
10/31 -----
11/1  FOMC
11/2  英中銀(BOE MPC)
11/3  -----

応援クリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



私もxmで取引しています。『3000円の勝負金もらえます!3000円×888倍=約270万円分の通貨の取引が可能!しかも無料で!』
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

SMギャルコレクション!黒ギャル・白ギャルとのSM出会いSNS

 - FX