自由奔放な生活

オッズ☆リーダーで勝ち組になる競馬、独自で開発した自動売買のシステムの経過と結果など記事を上げていきたいと思います

FOMO

   

FOMOとは、SNSのチェックを怠ると置いていかれるような気がして不安になることを意味する"fear of missing out"の略語なんですけど、トレードにおいてもこの心理は負ける原因になるので、今日はそれについて書きたいと思います。

 

ではまず、ポンドドルの1時間足です。

 

 

前週の金曜日に高騰して強い日足の陽線をつくっています…ちなみに、白いキャンドルの背景の赤色や青色の四角は日足のキャンドルです。

 

急騰から続伸するときはしばらく持ち合ってくれないとエネルギーが貯まらないので、この場合、高値更新後、狭いレンジで持ち合っていることから再度上昇の可能性ありカナ?といった感じだと思います。

 

次にブレイクするあたりを5分足に拡大してみます。

 

 

15時以降、指標発表をはさみながら何度か先週の高値をブレイクしていますけど、わたし的には好きなカタチがないのでスルーしてます。

 

行けるカナと思ったのは、一旦高値ブレイク失敗と思えるチェックマークをつけた小さな戻り高値と、そのレートから再度入ったショートが返された赤い矢印のキャンドルです。

言うならwボトムのネックライン抜けです。

 

おそらくですけど、ショートのロスカトを巻き込んでの上昇と思います。

 

振り返ってみてわたしの一番多い負け方は、ブレイク期待でレンジ上限から買い、レンジ下限から売りで、短い時間軸でのブレイクに飛びついてよくだまされました…しかも、戻されたあと、今度は伸びるんじゃないか、今度は伸びるんじゃないかと思って同じ場所で何度も負けるんです。たまにホントに伸びるからタチが悪いんですけど、全然利益は残りませんでした。

 

置いていかれたらそれまでと思って、好きなセットアップを待つのも作戦かと思います。

 

fa

 

 

Source: fanactal

応援クリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



私もxmで取引しています。『3000円の勝負金もらえます!3000円×888倍=約270万円分の通貨の取引が可能!しかも無料で!』
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 - FX